home

i-WORKSについて

1

2010年2月

2010.2.25[木曜日]

家の話

 

木で建てる構造の話

最近、PC環境にトラブル続出で、久しぶりの更新です。今回は、2×4工法のお話をしたいと思います。実は、私の原点は木造2×4工法の現場監督です。そこで、10年近く工事管理を経験させて頂き、150棟の竣工を見届けました。技術者としては「軸組在来工法」よりも「2×4工法」(正式には「枠組壁式工法」と言います)のほうが馴染みが深いとも言えます。過日、久しぶりに技術者研修で2×4工法に触れる機会がありました。在来工法に比べると、性能的な制約から、間取りの自由度が低いと思われている「2×4」ですが、改めて、その「耐震性」や「気密性」のポテンシャルに感心致しました。最近では、2×4工法の影響で、在来工法でも、外壁部分に構造用合板を張ったりします。また、2×4工法自体も、日本に持ち込まれてから30年以上の実績があり、独自の進化をしています。このまま、耐震性能や、気密・断熱性能を追求していくと、そのうち、在来工法と2×4工法の垣根が無くなる気がします。数十年後には「ジャパニーズ・ハイブリッド工法」なんて呼ばれているかも知れませんね。

1