home

i-WORKSについて

2011.3.19[土曜日]

現場日記

 

応急危険度判定士の心意気

国道を走る

タンクローリーが

だいぶ増えて来ましたね

 

ガソリンの供給が

一段落するまで、

もう少しの辛抱ですね

 

 

今日も須賀川での

応急危険度判定作業に

参加して参りました

 

本日は、土曜日で公官庁がお休みのため

会津方面から役所の建設課の皆様も

応援に駆けつけて下さり、総勢30名!!

 

15組による判定作業で、

範囲が一気に広がりました

 

ガソリン不足、放射能汚染も叫ばれる中、

意識の高い皆さんによる活動は、

本当に力強いです

 

みなさん、建物を診断する技術者としてだけでなく、

被災した地元の皆様と上手にコミュニケーションし、

建物の所有者の方々が少しでも希望を持てるよう、

メンタル的な部分を考慮して活動されていました

 

そんな中、被害の程度が大きい建物や、

2次災害の恐れがある建物は

どうしても、注意を警告する表示をしなければなりません

 

判定後、建物所有者様にいかに納得して頂き、

表示を貼らせて頂くか、

本日はその一点に注力しました

 

須賀川の震災被害は甚大で

RC造の強固に見える建物でも

完全に崩壊しているものがあります

 

それでも、技術者としての責任と興味で

応急危険度判定は粛々と進められます

 

すでに震災から1週間が過ぎ、

「応急度」は薄くなりましたが、

技術者として被災した皆様を

少しでも励ますことが責務と受止め、

明日も参加して参ります