home

i-WORKSについて

1  2  3  4  5  6  7  8

現場日記

2011.3.19[土曜日]

現場日記

 

応急危険度判定士の心意気

国道を走る

タンクローリーが

だいぶ増えて来ましたね

 

ガソリンの供給が

一段落するまで、

もう少しの辛抱ですね

 

 

今日も須賀川での

応急危険度判定作業に

参加して参りました

 

本日は、土曜日で公官庁がお休みのため

会津方面から役所の建設課の皆様も

応援に駆けつけて下さり、総勢30名!!

 

15組による判定作業で、

範囲が一気に広がりました

 

ガソリン不足、放射能汚染も叫ばれる中、

意識の高い皆さんによる活動は、

本当に力強いです

 

みなさん、建物を診断する技術者としてだけでなく、

被災した地元の皆様と上手にコミュニケーションし、

建物の所有者の方々が少しでも希望を持てるよう、

メンタル的な部分を考慮して活動されていました

 

そんな中、被害の程度が大きい建物や、

2次災害の恐れがある建物は

どうしても、注意を警告する表示をしなければなりません

 

判定後、建物所有者様にいかに納得して頂き、

表示を貼らせて頂くか、

本日はその一点に注力しました

 

須賀川の震災被害は甚大で

RC造の強固に見える建物でも

完全に崩壊しているものがあります

 

それでも、技術者としての責任と興味で

応急危険度判定は粛々と進められます

 

すでに震災から1週間が過ぎ、

「応急度」は薄くなりましたが、

技術者として被災した皆様を

少しでも励ますことが責務と受止め、

明日も参加して参ります

 

2011.3.17[木曜日]

現場日記

 

民間建築士の被災支援活動

昨晩は寒かったですね~

日にちが経つにつれ、

地震の被害状況が

色々と明確になって来ますね。

 

毎日、TVで放送される

被災地の映像を見る度に

「自分にも出来ることはないか?」と

自問しておりました。

 

そんな時に届いた一通のメール。

 

ありました!!

自分にも出来ることが!!

 

それは「応急危険度判定士」という

被災地の二次災害を防ぐという活動です。

 

この資格を取得する際に、

まさか、自分が被災地の活動をするなど、

思ってもいなかったのですが、

まさに「その時」が来たのです!!

 

思い起こせば、資格を取得した後、

実地訓練にも参加した経験があるので、

この時のための準備も整っていたのでした。

 

今回は登録してある「福島建築士会」を経由して、

福島県からの出動要請。

 

郡山よりも被害の大きい「須賀川市」にて、

「住宅密集地の判定をして欲しい」

との事でした。

 

開始前に簡単なレクチャーを受けた後、

いざ、現地へ!!

 

基本、二人一組になり、

建物の外観から判断して

規定のチェックシートに基づき、

危険度を判定して行きます。

 

被災した皆さまは、主旨を説明すると

大変協力的で、さまざま情報を提供して下さいました。

 

「ご苦労様です」「頑張って下さい」など、

励ましのお言葉も頂き、本当に有難かったです。

 

こちらも、少しでも皆様が元気になれればと思い、

励ましのエールの交換をしながら、夢中になって

判定作業を続けました。

 

結局、判定作業終了の通知が出るまで、

30棟近くの判定を行いました。

 

須賀川からは20日まで、可能な限り

判定作業を続けたいと要請が出ているので、

可能な限り参加したいと考えております。

 

皆様も「応急危険度判定士」の腕章をした

判定士が訪ねてきた時は、ご理解を頂きますよう、

お願い申し上げます。

 

 

2010.12.28[火曜日]

現場日記

 

堂々完成!!

師走も押し迫った年末、

年内最後の竣工を迎えました。

高萩で施工中だった、

i-WORKSプロデュース第Ⅲ弾

平屋の邸宅です。

 

自身、初めての平屋物件でしたが、

なかなかの出来栄えに納得です。

 

外部仕上げは、最近では珍しくなった、総タイル仕上げです。

二丁掛タイルによるウマ目地(空目地)仕上げは、なかなかの迫力です。

 

本日の高萩は穏やかな天候で、心地よい早春のような風が吹き抜けていました。

現地から海が見えないので、耐重塩害地区であることを忘れてしまいそうです。

Ⅱ期計画となった外構・駐車場も完成が楽しみです!!

2010.12.09[木曜日]

現場日記

 

もうすぐお引渡しです

今日は北茨城の物件、

自主検査+完了検査でした。

養生をはがし、クリーニングをすると

やはり印象が

ガラッと変わるものです。

今回の物件の目玉でもあった、

小屋裏アティック。

ご主人様の強い要望で

収納としての小屋裏利用ではなく

隠れ部屋のような「SOHO」のような

何とも善い感じの空間が出来あがりました。

手動で開閉する北側のトップライトから十分な光が入り、

南面からの強い日差しを遮りつつ、

景色も眺められるようになっています。

自分の自宅にもこんなスペース欲しいです!!

う・う・うらやまし~い

1  2  3  4  5  6  7  8