home

よくある質問

保証はどうなっていますか?

Answer[責任の所在の明確化]

i-WORKSの考える建築に対する責任とは『創作に対する熱意』と解釈しております。単に瑕疵があった場合に金銭的な負担をするということでは無く、瑕疵が発生しないように想いを巡らせるという事です。業務には万全を期しますが、万が一の際には以下のサポートサービスをご利用頂けます。

保証01 建築士賠償責任補償制度(けんばい)

建築士会会員が経営する設計事務所で設計・監理を行った業務上のミスで建築物の滅失または毀損事故が発生し、建築物や人に損害を与え法律上の賠償責任を負った場合に、建物の補修費用等が補償される制度です。i-WORKSでは1事故につき5,000万円まで補償される『 プラン I 』に加入しています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

保証02 住宅瑕疵担保責任任意保険

平成21年10月1日以降に引渡しされる住宅は基本構造部分の瑕疵に起因して「耐力性能」若しくは「防水性能」を満たさない場合、その修繕に必要とされる資力を10年間確保することが義務となります。 i-WORKSが請負者となる工事については「任意保険」をご利用頂けます。一戸あたりの支払限度額2,000万円が基本契約となります。

詳しくはこちらをご覧下さい。

保証03 地盤保証制度

地盤保証制度/地盤調査または地盤補強工事の瑕疵により瑕疵により、住宅が不同沈下した場合、その修繕に係わる補修費用を1事故の限度額5,000万円(うち、地盤補強工事費用は最大2,000万円まで、仮住まい費用は最大50万円まで)まで補償される制度です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

保証04 完成保証について
  • 融資機関で完成保証がついているローンを利用する
  • 施工会社の完成保証を利用する
  • アイ・ワークスが請負者となり「分離発注方式」を採用する場合には工事の進捗状況に応じた出来高払いによって支払のロスを防ぎます