home

ハウスメーカー/工務店と設計事務所の違い

標準仕様と呼ばれるものがあるか、ないか。

一番の違いは建物の構造や性能と価格が決まっているか、いないか。言い換えると『標準仕様』と呼ばれるものがあるか、ないかということです。基本的にはこの考え方の違いが「打合わせの進め方」「間取りの自由度」「金額」などの違いになってきます。

一般的な違い

ハウスメーカー工務店

カタログ資料の豊富さ、モデルハウスで仕上がり状態が確認できる、大量仕入れによるスケールメリットなどから来る、わかり易さ、安心感はハウスメーカーならではのものでしょう。限られた時間と予算の中で、大きなこだわりは無いし、この金額でこの建物が購入できるのなら・・・。と安定嗜好の方には大変重宝されるのではないでしょうか?標準仕様や単価がメーカー毎に設定されているので比較検討もしやすいでしょう。商談も早いのが特徴です。

■メリット
  • 安心感
  • 資料が豊富
  • モデルハウスで仕上がりを体感できる
■デメリット
  • イレギュラーな要求に弱い
  • 営業、設計、監督などの分担制で、建主の意向が直接現場に伝わりにくい
  • 品質は一定でも、担当者の対応により満足度が左右される

設計事務所

全てがカスタムメイドで、工法、性能、デザインに至るまで、建主の趣味趣向を反映する事ができます。限られた予算の中でも、こだわりたい部分に集中的に予算を掛け、全体のコストバランスで予算調整が可能です。冒険的な要望にも、的確なアイデアで対応してくれます。建主の嗜好が大きく忠実に反映されるので、より満足度の高い建築ができ、ご入居後の満足度もそれに応じて高まって行くでしょう。じっくりと納得の行くまで時間を掛けられるのが特徴です。

■メリット
  • 自由度が高い
  • 唯一無二の独創性
  • 担当者が、設計~監理まで行うので、建主の意思が現場に伝わりやすい
■デメリット
  • 敷居が高く感じる
  • 時間が掛かりがち
  • 事務所と担当者のヒューマンスキルに頼るところが大きい

自由設計VS自由設計

ハウスメーカーは2次元的な提案です。自由設計といってもパターンが決まっているか、価格設定から設計上の決まりごとがあり平面的な考えに偏りがちです。冒険的な発想も「それはオプションになります」とか「割増料金が発生します」と結局は提示された金額を見てあきらめてしまう方も少なくないでしょう。仕入れが合理化され標準化されている分、イレギュラーな見積には割高になってしまう特徴があります。

設計事務所ではそこからが腕の見せ所です。どのような手法を使えばコストダウンにつながるのか?最適な手段は?価格交渉であの手この手を使ってコスト調整をしていきます。また、提案や打合わせ中は常に3次元でイメージし、立体的な空間を創造します。イメージが設計者の頭の中だけにあるので、それをお客様に伝えようとこちらもあの手、この手を使って創意工夫致します。建物の竣工後、CADによる図面だけでなく、ラフスケッチ/イラスト/立体模型など手作り感のある資料がお手元に残るのも特徴です。打合せの資料ひとつひとつが鮮やかな記憶とともに、楽しい思い出となることでしょう。

アイワークスの特徴

アイワークスは皆様の代理人として機能します。

i-WORKSは設計事務所(=アトリエ)です。お客様と打合わせした内容、お約束した品質、の建物をお引渡しするための設計監理がメインの業務となります。

ただ、建築という行為にはそれだけではない独特で煩雑な申請手続きが数多くございます。i-WORKSではそれらの複雑な手続きを可能な限り簡略化し、ワンストップサービスを提供致します。お客様の貴重な時間を最大限有効利用できるように、皆様の代理人として機能致します。

アイワークスはここが違います。

分離発注(方式)の採用

i-WORKSでは「分離発注方式」を採用しています。「分離発注方式」とはお客さまから直接、施工業者に発注をして頂く方式で、中間業者をなくすことで、コストを削減することができます。
昔から、業界関係者が自宅を建てる場合などにはよくこの方法がとられていました。

設計事務所は敷居が高い!?

一般に「建築家」や「デザイナー」と呼ばれる人たちはプライドが高く、敷居が高いと思われがちです。設計事務所も四六時中、図面を描いている所というイメージがあるようです。i-WORKSが重視するのはお客様との対話です。身近な会話の中に快適な住まい方のヒントが隠れているのです。皆様の暮らしに向き合い、より豊かな暮らしを実現させるお手伝いをさせて頂きます。