home

完成までの流れ

アイワークスでは、このように皆様のご要望をカタチにして行きます。

Step01企 画

お客様から提示された諸条件を分析の上、計画の進行上、必要となる事前調査を行いそれらを活かした基本コンセプトの提示をします。

Step02基本設計

基本コンセプトを発展させながら建物の間取りや空間の組み立てをしています。法的な検証、技術的な裏付け、建設費概算などにもイメージを拡げながら煮詰めて行きます。試行錯誤の繰り返しで具体的にしてゆきます。

Step03実施設計

基本設計に基づいて、意匠設計、構造計算、電気や設備の使い勝手などの詳細部分をデザインを行うと共に、決めて行きます。施工者が見積もり、工事を行うにあたり内容を性格に把握できるよう実施設計図書とし、まとめます。

Step04工事監理

設計図書通りに工事が行われているか?指定した建材が使われているか?品質は適切か?などを確認、指導していきます。設計士が直接、現場の運営・管理をする事でより適切な工事監理が可能となります。

Step05保守・点検

定期的に点検をして、生活していく上での不具合を調整しています。技術提供、コンサルティングを行います。

設計監理とは

設計監理とはお客様とお約束した品質の建物をお引渡しするために建築士が行う一連の業務です。具体的には現場・公官庁の調査、建築企画、図面作成、プレゼンツール作成、構造計算、確認申請、見積金額と内容の精査、現場の各種検査、品質のチェックなどです。図面を書いて現場にチェックしに行くだけではなく、図面では表現しきれない微妙なニュアンスなども現場の職人さんたちと創り込んで行きます。 出来上がりが3次元になる空間を、図面という2次元で表現するのには限界があるため、設計監理が必要となるのです。また、ある一定規模以上の建築を行う場合、公共性と専門性が高いことから有資格者が設計や監理をしなければならないと法律で工事監理者の資格を義務付けしています。これは一般の工事管理者とは責務が異なる事を明確にしています。

現場管理とは

一般的な現場管理とは工程管理、安全管理、労務管理、施工写真管理などです。専任である必要も、有資格者である必要もないので、誰でも管理者になる事ができます。住宅業界では申請上の「監理者」が名前だけで、実際に現場に行く事をせず「管理者」からの報告を以って工事監理の業務を省略しているハウスメーカーさんもあります。 チェックシートなどを用意して、管理者のスキル不足を補っているようですが、その場、その場での的確な判断や指示が出せないため、後々、問題が生じるケースがあります。 「何かあったら当社で責任を持ちます」と後手のアフターフォローを強調してくるメーカーさんには、工事中の監理体制を良く聞いてみると良いと思います。